クイックベースのご案内

・クイックベースは立上り部がプレキャスト鉄筋コンクリート造のべた基礎は「クイックベース」と称し、2階建て以下の木造住宅に用いる基礎であり、工場生産によるプレキャスト立上り部とPC-J型の現場打ち接合部、現場打ちのべた底盤部及び現場打ち接合部により構成されています。

・立上り部相互間のPC-J型による接合は、モジュール910では基本760o、モジュール1000では基本850o、モジュール1200では基本1050oの長さの直線部で行ないます。この時、立上り部の双方端部より突出している主筋等を重ね継手とし、重ね継手長さを40d分確保する。又、D10@100でせん断補強筋を装着します。次にその主筋を跨(また)ぐように接合部用PC-J型を上から被せ、その後、底盤部、立上り部相互間接合部の順に充填(じゅうてん)コンクリートを打設し、全体の一体化を図っています。

・プレキャスト立上り部材の主筋等配筋は、上端1−D13・下端2−D13から上端2−D19・下端3−D19の126クラスを選択することが出来ます。尚、縦筋はD10又はD13とし、その上部は180度フック付き、下部は90度フック付きで、定着長さ分35dを曲げ加工し底盤内に定着させます。


最新情報&更新情報

2013.10.1 ベタ基礎ブログをスタート
2012.4.10 株式会社グランデージのサイトリニューアル!
2011.8.17 一般財団法人日本建築センター「評定」を取得(BCJ評定-LC0048-01)
2009.12.25 クイックベース評定申請(財団法人日本建築センター)